模型

人気の高い土地で不動産を探す│余裕のある暮らしをする

恩恵と注意点

笑う男の人

最近では仲介手数料無料という文句が賃貸物件に見られるようになりました。仲介手数料無料、借りる側からすればとてもありがたいのですが、賃貸を借りた経験が無い人は仲介手数料がどれくらいの内訳を締めるのかイマイチ分からないのではないでしょうか。例を挙げると、一般的に賃貸を借りるための初期費用は家賃の半年分と言われています。つまり家賃が8万円の物件であれば総額48万円必要だという事です。その内、仲介手数料の比率はだいたい20パーセントと言われています。つまり、上の例にあてはめると8万円近くが仲介手数料だという事になります。このように具体的な数字で見ていくと、仲介手数料無料の物件がいかに借りる側にとって魅力があるかが分かります。

このようにとても魅力的な仲介手数料無料の物件ですが、この文句にばかり気を取られて何も考えずに物件を決めるのは止めておいた方が良いです。仲介手数料無料にするためにはカラクリがあるので、まずは物件の詳細を良く確認するようにしましょう。そして、出来れば同じような条件の他の物件の家賃などもチェックしましょう。仲介手数料無料の物件の中には周りの同程度の物件よりも家賃が若干高くなっている場合もあります。こういった物件は貸主がその分不動産会社に多くお金を支払っているケースが多く、その為に仲介手数料無料になっています。多く支払っても部屋に入居者が入ってくれさえすれば十分に回収することが可能だからです。また、家賃が同じ程度でも支払ったお金を回収するため、敷金や礼金などが割高になっている場合があるので、仲介手数料無料だからといって即決するのではなく、無料でかつ他の点もお得なのかどうかなど、様々な点を見比べた上で物件は探すようにしましょう。